ディプレッショングラス

 ディプレッショングラスは1920年代〜1930大アメリカで機械生産された、当時では廉価版だったガラス食器のことです。企業のノベルティーが多く、いわゆるローリングトウェンティーと呼ばれる大恐慌時代の前後、ディプレッショングラスを受注生産できたフェデラル、ヘーゼルアトラス、ジャネット、ホッキング社などが大恐慌を生き抜くことができたのだそうです。
 当時は廉価版ではありましたが、変光色ガラスや華やかなデザインは技術的にも上等な出来映えで、現在ではコレクターアイテムとして高値がつくようになっています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

49